PROFILE

プロフィール

SERVICES①

個人事業主向けサービス

SERVICES②

法人向けサービス

COVERAGE

講演・取材依頼

WEB集客をするために意識したい発信の5つのポイント

毎日発信をしているのに「集客」に繋がらない。そんな悩みを持つあなたへ。


おはようございます。
三浦綾子です。

起業しよう!と思って、
アドバイス通りに始めてみた、
ブログ更新とSNSの更新。

アドバイス通りに
毎日頑張って発信してるのに、

なかなか
思うように集客できない。
思ったような売上が上がらない。

そんな悩みを抱えていませんか?

ただ発信しても、
それがメッセージを届けたい人に、
届いていなかったら集客には繋がらないし、

メッセージが届いても、
自分ゴトとして読んでもらえてないなら、
やっぱりそれも集客には繋がらない。

読者は、
あなたの発信を、

見ないし、
信じないし、
行動しない。

大原則です。

だから、

どうやって見てもらうか?
どうやって信じてもらうか?
どうやって行動してもらうか?

を、

自らの力で考え、
実践し修正をしていく。

その力を付けることが、
私たちひとり起業には絶対必要です。

集客のために今やっている行動は本当に効果的ですか?

私は、
自分自身のポリシーで、

認知を広げる目的で、
お茶会・セミナーに参加したことは
一度もありません。

だって、
その時間があるなら、
自分の時間を大事にしたいし、
その時間とお金全部経費だもの。

経費倒れしてませんか?

セミナー参加レポも、
これまた認知を広げる目的で
書いたことは一度もありません。

もちろん、
レポートを書いたことは
何度かあります。

でもそれは、
私のブログ読者の方に、
伝えたいメッセージがあるからです。

書きたくもないレポートを書いたり、
主催の人に取り上げてもらうためのレポートなら、
それは読者のために一切なっていないので、
そういうレポートなら書きません。

その参加レポ、
誰のために書いてますか?

自分の主催講座を、
むやみやたらに個別メッセージで
誘いまくることをしたこともありません。

これも、
信頼関係が出来ていたり、
その人のニーズがわかっている場合は、
ニーズを満たすための提案として、
個別に案内することはあります。

でも、
相手と面識もない、
相手のニーズを自分が理解していない人の
貴重な時間を奪うようなメッセージは、
一度も送ったことがありません。

サービスの提案とは、
相手の問題解決のためにするもの。

自分の講座に集客したい、
そんなエゴで失礼なメッセージを
送ったりしていませんか?

そして、

お互いのサービスを受け合うとかも、
一切やったことがありません。

それ、ビジネスじゃないから。

と、辛口で、
失礼しました。。

何が言いたかったかと言うと、

そういうことをしなくても、
WEB集客は出来るということです。

WEB集客をするために意識したい発信の5つのポイント

1,メインメッセージをはっきりさせる

商品はただのツールです。

相手の理想を未来を叶えるツール。
相手の悩みを解決するためのツール。

だから、
ひとり起業家が、
長くビジネスをしていく場合、

私たちも成長するし変化するし、
ターゲットにする人たちも変化する。

だからこそ、
商品にフォーカスをあてるのではなく、

あなたの世界観、

世の中に発信したい
メインメッセージをしっかりと決め、
メインメッセージからブレない発信をしていく。

ここが一番重要だと思います。

2、未来を見せる

1でも書いたように、
商品はただのツールです。

ツールとは、

ターゲットが今いる現在地から
理想の未来にいくために存在します。

だから、
ツールそのものばかりを
発信したって、

そりゃ集客できません。

だって、
読者はツールに興味がないから。

興味があることは、
自分自身のことだけです。

ツールを使うことで、
如何に理想の未来にさらりといけるのか?

理想の未来にいくために、
最適なツールがこれなんだ!と、

ターゲット自身に思ってもらえるような、
そんな発信をしていきたいですね。

3、ターゲットの悩みを解決する

これは2の「未来を見せる」と
似ているような内容になりますが、

2は理想の未来を
見せるというアプローチ。

ここでは、
今抱えている問題を
解決するツールとしてのアプローチです。

あなたの商品によって、
ターゲットのどんな悩みが解決できるのか?

それをイメージさせること。

そして、その悩みは、
顕在的な悩みはもちろん、

ターゲット自身も
気づいていない潜在的な悩みで
あればあるほどに、

あなたの投稿のファンになり、
集客に繋がりやすくなると言えます。

4、共感を生む工夫をする

特に女性がターゲットの場合、
共感性を生む工夫はとても大事です。

生い立ちが似てる、
出身地が一緒だった、
家族構成が似ている、
同じような悩みを抱えていた、

などなど、

似ている過去や
共通点があることで、

その人を
思わず見てしまう。

共感した瞬間から、
特別視して見てしまうというのは、
よくある話し。

共感を生むために、

過去を赤裸々に見せてみたり、
過去の失敗談を語ってみたり、
プライベートを見せたりは、

とても効果的だと思います。

5、ポジションを意識する

ビジネスにおける
あなたのポジション。

決めていますか?

例えば、

とにかく最初仲良くなって、
そこからサービスへの申し込みが入る
ポジションにするのか、

会うハードルを高くして、
サービスへのお申し込みがないと
絶対に会わないポジションで行くのか。

もし前者のポジションなら、
まずは人に会って仲良くなる
フェーズがないと集客できないし、

後者のポジションの人が、
認知のためにお茶会に行ってたら、
そもそもポジションに乖離が起きてて、
違和感を感じられる。

自分のビジネスポジションと、
そのポジションに合った動きが
出来ているかどうか、

客観的に分析して、
ポジションに合った動きをするって、
これもまた重要だと思います。

結局はあなたという個人と関わることにどう価値を感じてもらうか?

集客の肝ってココ。

でも、
ただ私を知って欲しい!
私にはこんな側面があるの!

って、

自己満足な発信じゃなくて、

*自分の伝えたいことはコレ

*それをどんな人に伝えたいのか

*伝えたい人は何に悩みどんな未来を期待してるのか

*その読者に対して自分の価値のどの部分をどんな風に発信していくか

というように、

相手に寄り添い、
自分の価値がわかりやすく伝わるように、
戦略を立てて動いていくってことが、
大切なんだと思います。

もし誰かに教わるなら、

その人が、

どうやって集客しているか?
そのやり方が自分がやりたい方法か?
自分のターゲットに合うやり方か?を、

冷静に見極めたほうが良いです。

あとは、
明らかに今、
SNSを活用したビジネスは、

成長期から成熟期に入っています。

成長期段階での集客と
成熟期段階の集客では、
難易度が全くもって違う。

だからこそ、

成熟期のマーケットを見越した
集客のアドバイスをしてくれる方かどうかも、

コンサルに
お金を出すかどうかを
見極める大事なポイントですね。

今日お伝えした、
WEB集客するために意識したい
発信の5つのポイント。

何か皆さんの
発信に対する行動が変わる
きっかけになったら嬉しいです。

 ▶︎A.styleサービスラインアップはこちら

▶︎メールマガジンの登録はこちら

※登録時に「流行りに左右されずにファンが集まる!WEB集客講座」の動画音声とスライドを無料でプレゼント!!

IMG_3847

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Most Viewed Posts