PROFILE

自己紹介

EVENT

イベント・セミナー情報

SARVICE

提供サービス一覧

COVERAGE

メディア運営・記事執筆外注

そんな無難な接客なんて求めてない!お店の接客レベルにびっくりな件

店舗に訪れたお客さまはお金を落としてくれる神様ですか?お客さまに気を遣いすぎじゃない??


おはようございます。
三浦綾子です。

最近とあることがきっかけで、
一生懸命新しい洋服を見つけるために、
ショッピングに費やす時間を増やしているのだけど、

ねぇ、接客レベル、
低すぎやしませんか??

※今日は辛口で失礼します・・・。

それでも、
服を買うのが、
私のミッションで、

店員さんの接客が気に入って、
思わずここで買っちゃおー!!的なノリではなく、
欲しい服を買いたかったわけなので、

結果的に、
欲しい服は買えたから
良かったんだけど、

そうなんだけど!!!

なんなんだい??あの接客は・・・。

謎、謎すぎる。

店舗内で繰り広げられた私と店員さんの会話あれこれ

お店をぐるぐる見て、
気になった洋服があったお店、
合計3店舗で店員さんと話したんだけど、
まぁそれぞれにドラマがありました(笑)

1、相性が不一致過ぎる


マネキンが着ていた、
ワンピースが気になって、

わたし:試着してもいいですか?

と声をかけて、

試着ブーズに
通してもらった私。

確かに、
ワンピース自体は
とっても可愛かった!!!

お値段がちょっとお高めだったけど、

でも他のお店にはない
上品な感じの作りだったので、

思い切って買っちゃおうかな?

と気持ちが傾いていた私。

(多分、この時の購入意欲70%)

でも、
ノースリーブだったから、
それに合わせる羽織モノも見たくて、

それを、
店員さんに質問したのが、
購入意欲が落ちるスタートーー!!

わたし:何か羽織モノありますか?

店員さん:はい、お持ちしますね!!

と最初に、
持ってきてくれたのが、

今年流行りのGジャン。

私Gジャン好きじゃないので、

わたし:
流行りに左右されない、
ベーシックな色、形の奴が
いいんですけどありますか?

と聞いたら、

店員さん:はい!お持ちしますね!!

と持ってきたのが、

なんか又、
流行りがありそうな
デザインの羽織モノ。

わたし:
いや、あの、
こういう切り返しとか
いらないんでベーシックな奴を・・・。(ちょとイライラ)

店員さん:
あー、そうなんですね。
こういうのとかはどうですか?

と、今度、
持ってきてくれたのが、

長い丈のカーディガン。

普通の丈の
カーディガンはないんかい!!(心の声)

一応、
着てみるけど、
やっぱりいまいち。

なんでここまで、
ことごとくセンスが
合わないんだろ??

別にワンピースに
合わせてみたいだけで、
羽織モノを買うつもりはなかったけど、

この相性の合わなさ具合に
猛烈にテンションがだだ下がりして、

購入確率70%が、
もはや急降下・・・。

わたし:他のお店も見てきますー。

で、退散・・・。

どういうのがお好きですか?とか、
どんな場面で着るんですか?とか、

店員さんって
質問しないもんなのかしら?

謎・・・。

2、年中着れますよ!アピールが強すぎる!!!


移動して、
2店舗目。

気になった、
ピンク色のスカートがあったので、

そのスカートと、
スカートに合わせるトップス欲しいなと、
店内を見ていたんだけど、

声をかけてくれた店員さんに、

わたし:
このスカートだったら、
どんなトップスがいいですかね?

と聞いて、

お姉さんのオススメ服を
何着か持って試着室に入った私。

で、スカートは、
すぐに気に入ったので、
買おう!と即決。

あとは、
トップスを買うかどうか・・・。

白を着てみて、
うーんピンと来ない。

ベージュを着てみて、
やっぱり顔色と合わない。

黒を着てみて、
なんだか春っぽくない。

全部ピンと来ない。

で、

外に出るたびに、
うーん、うーんと
言ってたんだけど、

店員さんは、
私が何にうーんと言っているのか、
全くもって質問もしてこなくて、

店員さん:

お似合いですよ!

この色だと、
オールシーズン着れます!

とか、

そんな声しかかけてこない。

「お似合いですよ!」

って言われても、

着ている本人が
試着して気に入ってないのに、

その言葉言われても
全くもって効果なし!!!

それから、

「この色だと
オールシーズン着れます!」

って言われてもね、

そもそも、
私、オールシーズン着れる服を
探しているっていつ言いましたっけ??

言ってないし・・・。

そしてここでも、
どんな服を探しているのか?
どんなことを叶えたいのか?とか、
相手を知ろうとする質問一切なし・・・。

服だけの説明して、
相手に合わせた提案がないから、
きっと売れないんだろうなぁ。

3、妥協した提案をしてくる


最後に行ったお店。

結構気に入った色の
ワンピースが目に止まったワケ。

これ買えたらいいなぁと
テンション上がりながら試着してみたら、

シルエットがおかしい・・・。
私にはこの服は大きいのね・・・。

という結論に。

聞いてみたら、
フリーサイズというし、

これ以上小さいサイズがないなら、
まぁしょうがないねと諦めようとしたら、

店員さん:
少し大きめですけど、
でもこれ着れますよね!

上に何か羽織れば、
なんとかなりませんか?

と、粘ってくる!!

いやいや、
着れるけどさ、

ちょっと大きめの服に
何故敢えて妥協をして更に
お金も払わないといけないの?

上に羽織っても、
着れるかもしれないけど、
でもさ、それってベストな提案??

相手の持っていない選択肢を思い切って提案出来る人こそ売れると思う!


今回、
このショッピングで、
店員さんと接していて思ったのが、

とにかく、
皆んな接客が無難・・・。

皆んな親切だし、
接客も普通に丁寧ではある。

でもね、
普通なのよ。

わたし:「これ着てみたいです」

→店員さん:「はい、かしこまりました!」

わたし:「白い服ありますか?」

→店員さん:「はい、あります。」

わたし:「黒い服は?」

→店員さん:「はい、あります。」

みたいな。

言ったことは、
無難に対応するけれど、

相手のことを知って、
ベストな提案をしようとする姿勢とか、

似合わないもの、
身体のサイズに合ってないものを、
似合っていないと言い切る勇気とか、

顧客がイメージしてなかった
服の提案をちょっとだけしてみるとか、

そういうのが一切ない。

無難なんて、
全くもって目立たない。
印象も付かない。

たまたま、
服を気に入って、
買うかもしれないけれど、

そのお店、
その店員さんを
リピートする理由にはならない。

皆んな、
毎日の売上目標に
追われているのかしら??

だから、
似合わないものも、
似合いますって言っちゃったり、

お客さまを満足させるじゃなく、
逃げられないような無難な接客をして、
その日の売上を上げようとしているのかしら?

彼女たちを見ていて、
思わず心配してしまったわ・・・。

私は過去を振り返ると、
自分が今までNoにしてきた選択肢を
敢えてYESに変える大胆な提案をしてくれる人。

そう言った人に出会った時に、
人に共感してリピートしている気がします。

コンサルもそう、
マッサージもそう、
美容室もそう。

ちなみに、
今通っている美容室は、

最初行った時から、

「三浦さん、
ショート絶対似合う!」

と、言われ続けてたんです。

でもね、
過去美容師さんたちに、

「三浦さん、
ショート似合うけど、
ここがこうだから手入れが大変!」

とか、

「ショート似合うけど、
こうなるから長さはここに
留めておいたほうが無難だよ!」

とか、

言われ続けてたので、

なかなか、
決断できなかったんだけど、

その美容師さんは、

私の髪の欠点も、
ここをこうすれば、
ショートでいける!!!と、

全部Noを覆す提案をしてきたんですよね。

その提案があったから、
思い切って20センチくらい切ったし、

そんな提案してきた人と
今まで出会ったことがなかったから、
他のお店には変えられないわけです。

なんかさ、
もっと嫌われる勇気を持って、
相手の心に入り込む、

そんな接客をする店員さんが
増えていって欲しいなぁ。

◼ 申し込み受付中のサービス

▷【超実践!】集まるメディア構築1day講座(11月30日まで早割)

▷WordPress制作サポートプラン

▷売上を上げるWEB集客個別相談

■開講中!オンラインスクールはこちら

▷WEB発信力を上げて、選ばれる個人と企業になる〜会員制コミュニティー「A.style」

■メールマガジンの登録はこちら

《ビジネスメルマガ》

※登録時に「流行りに左右されずにファンが集まる!WEB集客講座」の動画音声とスライドを無料でプレゼント!!

IMG_3847

《営業女子向けメルマガ》

button6

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 加瀬悠貴(ポール)

    この間トゥモさんの朝活にいたポールです!
    Facebookからこの記事を読んでみて、コメントしたくなったのでしちゃいました!
    自分は今営業をしていて、たまに記事と同じようにショップの接客を営業に活かそうと観察したり、体験したりします。

    その中で自分が良いなって思う接客が、
    その場では損になるような事だけど、相手の事を思って伝える事です。

    以前、ちょっと人気がある飲食店に予約せずに行ったところ、満席で入れずだったのですが、
    その時に対応してくれた店員さんが、同じようなお店を教えてくれた事です。

    けど、上記の事が出来るのって余裕がある時で、やはり利益や数字があまり思わしく無い時には出来なくなってしまいそうな気がしたんですが、それでも相手の事を思って接客、営業する考え方があったら教えて頂きたいです。

    よろしくお願いします!

    • ポール!!加瀬さん、コメントありがとうございます^^わーい、コメント嬉しいです。
      余裕がない時は出来なくなっちゃうって、その感覚、すごーく分かります!!(笑)
      そんな時でも相手に最良の提案をするには、1、そうならないように種まきの数を増やす、2、売上・利益が達成出来なくても会社員だったら死なないから未達を選ぶ、
      私はこの2つを意識して営業してきました。大丈夫ですよ。達成しなくても死なないから(笑)そして、相手に最良の提案をしていると売上・利益が上がるスパイラルは絶対にやってきますよ。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Most Viewed Posts