PROFILE

プロフィール

SERVICES①

提供サービス一覧

SERVICES②

法人のお客様はこちら

COVERAGE

講演・取材依頼

自分の発信したいコトとお客様が知りたいコトの発信バランスはどうしたらいい?

ビジネスで情報発信をするときには、基本的には「お客様が知りたいことを書くこと」、これが鉄則です。

でも、商品やサービスを持って事業をしていると、「この商品の良さを知ってほしい!」「このイベントに来てほしい!」「わたしが書きたいことを好きに書きたい!」と思うことも、多々あるのではないかと思います。

・自分の発信したいコト
・お客様が知りたいコト

この発信のバランスをどうしたらいいのか?と、昨日質問をいただいたので、こちらのブログにも記事としてまとめておくことにしました。

情報発信は100%お客様のためにある

発信していくコンテンツ決めのときには、「お客様が知りたいコト」と「自分が発信したいコト、発信できるコト」が重なる部分を探していく必要があります。

でも、実際に発信をしていくときには、「わたしが!」「我が社が!」という自己主張が激しい記事は、基本的に「なし」だとわたしは思っています。

何故なら、「その発信って、誰得ですか?」と思うからです。

「わたしが!」「我が社が!」という記事が、一つの企画として成り立つ場合や、そういった目線で書いた記事がお客様との関係性を構築する上でとても有益なものだとしたら、それは取り入れても良いと思いますが、

単なる発信者の自己満足で書かれる記事は「必要ない」。

というのが、わたしの持論です。

想像してみよう店頭で接客されている自分のことを

売れる販売員と売れない販売員。

よく比較される事例があります。

売れる販売員は、お客様が何故、今日お店に来たのか?どんな顔ぶれでお店に来たのか?困っていることは何なのか?ということをヒアリングしながら、お客様に合ったものを提案してきます。

売れない販売員は、たまたま見ていた商品の良さや特徴を、マシンガントークのようにひたすら話し始めます。

売れない販売員に言いたい。

「おい、商品の良さや特徴をひたすらプレゼンしても、商品は売れないぞ。大事なことは、お客様が困っていることが、その商品で解消できるかどうかでしょう。そこを聞かずしてプレゼンし始めるとか、ないから・・・。」

文章による発信も同じだと思うわけです。

自分が書きたいことを書く記事は、売れない販売員と一緒。

自分の書きたいことは、お客様の役に立つ記事の中に盛り込めばいい

とは言っても、日々日常を送っていると、思わず発信したくなることもあるでしょう。

そんなときは、その伝えたいこと、書きたいことを、お客様の役に立つ内容にアレンジをすれば良いと思うのです。

私であれば、お客様が事業をされている方たちなので、どんな出来事であっても、「読んでくれたお客様が、何かしらか事業のヒントやアイディアに繋がったらいいなぁ」と思いながら、自分の発信したいことをアレンジします。

お客様の役に立つ切り口の記事にアレンジができなければ、そのネタはボツです(笑)

という気持ちで、普段から発信する切り口を決めるようにしています。

お客様の役に立つことと考えると記事が書けなくなるという方へオススメの方法

今まで色んな方と接してきた中で、「自分の書きたいことは書けるんですが、お客様の役に立つ記事となると、手が止まってしまう」という悩みを複数の方から聞いてきました。

これはわたしの持論ですが、この悩みを持っている方は、「わたし!」という自己主張が強い。

それが良い悪いではなく、自己主張・わたしを全面に出した記事しか書いたことがないだけだと思うので、自分という個性を消して、お客様の悩みにフォーカスした記事の書き方というのを体得したら良いと思います。

習うより慣れろです。

オススメの方法は、ランサーズやクラウドワークスなどで、記事執筆の仕事が山ほどありますので、その仕事をやってみたらいいと思います。

外部メディアに記事執筆をするとなると、余程の著名人でもない限り、自分の主張や個性を全面に出した記事の書き方はしません。

いわゆるWEB媒体の記事を書くときの基本構成があって、その型に沿って記事を書いていきます。

読者の悩みに即した記事構成になっていない、記事本文になっていない場合、ライティングをチェックする方から修正依頼が入ることが一般的ですので、他者の目を使って自分のライティング力を上げることができるわけです。

誰が書いたかわからない記事で、読者の心を動かすことが出来たら、それはライティング力が高いと言えるでしょう。

まとめ

記事を書くときは、100%お客様目線!

その目線でどうしても記事を書けない方は、クラウドサービスを使ってライティングのスキル向上を目指しましょ。

現在、WEB集客、商品設計、WEBプロモーションの個別相談を承っております。

個人事業をはじめてみたけれど、イマイチどのツールをどう使って良いかがわからない、自分の商品を決めるのに迷っている、価格設定の仕方がわからない、売り上げがしっかり上がるプロモーションの仕方の相談がしたい。

このようなお悩みがある方は、こちらのWEB集客個別相談(単発)にて、ご相談を承っております。

https://ayakomiura09.com/services-for-individual-business-owners/

 ▶︎ご提供中サービスはこちら

▶︎メールマガジンの登録はこちら

※登録時に「流行りに左右されずにファンが集まる!WEB集客講座」の動画音声とスライドを無料でプレゼント!!

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)