PROFILE

会社概要

SERVICES①

個人向けサービス

SERVICES②

法人向けサービス

COVERAGE

講演・取材依頼

売上を上げたいならブログのPVよりも◯◯に拘ろう!

おはようございます。
三浦綾子です。

売上を上げたい、
一人でも多く集客したい、

そう思いながら、
毎日ブログのPVと格闘している人に
今日の記事は読んで欲しい。

そんな記事です。

ブログPVだけ上げても、売上は伸びません。PV=売上ではないことを理解しましょう。

ブログって、
何のために書いていますか?

恐らく、
集客をして、
売上に繋げるためだと思います。

じゃあ、
PVって何のために
拘っていますか?

これも又、
集客をして、
売上を上げたいからだと思います。

じゃあ、
PVが上がったら、

本当に集客に繋がるんでしょうか?
本当に売上が上がるんでしょうか?

結論を言うと、
PVが上がっても、

集客には直結しません。
売上にも直結しません。

何故なら、
PVが伸びても、

あなたの商品に興味がある人が、
あなたのブログを見ていないと、
全くもって集客にも売上にも繋がらないからです。

じゃあブログを見ている人が、あなたの商品に興味を持っているかどうかを、どう判断したらいいの?


それは、PV以外に、
こんな指標を見ていきましょう。

代表例を上げてみますね。

1,平均滞在時間

一人の読者が、
あなたのブログに、
どのくらい滞在していますか?

この時間が、
長ければ長いほうが、
あなたのブログに書いていることへの
興味関心が強いということ。

逆にいくらPVがあっても、

すぐに読者が
記事から離れているなら、
それは読まれていないのと一緒。

読者の満足度は、
PVではなく滞在時間のほうが
わかりやすい指標となります。

2,平均ページビュー数

一人の読者の人が、
ブログに訪問した時に、
平均何ページ記事を閲覧しているかの指標。

それが、
平均ページビュー数。

通常、
1記事だけみて、
すぐに申し込みをする人はいません。

皆んな、検討をして、
その上で申し込みをしてきます。

ということは、
興味がある人の記事なら、
何記事も読むはずです。

これもまた、
いくらPVが多くても、
1記事で離脱されているなら、
読者の満足度が低いということ。

ページビュー数が、
多いほうが読者満足度が高く、
お申し込みに繋がる率が高くなります。

3、検索キーワード

SNSによる拡散の場合、
自分のターゲットでない人も含め、
不特定多数に記事が届きます。

それに対して、

SEO対策による
検索キーワードで、
読者があなたの記事に辿り着いた場合、

自ら情報が欲しくて、
検索キーワードを入れて、
あなたの記事に辿り着いているので、

SNSによる拡散よりも、
あなたの商品・サービスを
必要としている人が集まりやすいという
特徴があります。

さて、
どんなキーワードで、
あなたの記事は検索されていますか?

そして、
そのキーワードは、
狙ったキーワードですか?

これらの指標は、
ブログ読者の質を判断する為に、
押さえておきたいものです。

PVという
読者の量だけに左右されず、
読者の質をしっかり数値で把握すること。

集客・売上に繋げたいなら、
誰しも必須項目ですね。

PV以外の指標を見たい場合、どうしたらいいの?


ブログの数値を
しっかり把握したいのなら、

GoogleAnalyticsを導入しましょう。

特にアメブロは、
PV水増し疑惑もあるので、
GoogleAnalyticsで正しい数値を
把握することをオススメします。

なんで集客出来ない?
毎日ブログ書いて意味有る?
Facebookからどれだけの人が来ている?
集客のために何をどうテコ入れしたらいい?

その疑問の全ては、
まずは数値を見ることが、
スタートです。

それもPVだけでは不十分です。

GoogleAnalyticsを
まだ設定していない人は、
そこから始めて現在地を把握しましょう。

3月18日に開催する
見られるブログ記事の書き方講座では、
質の高い記事の育て方についてもお話しします。

まだ参加者募集中ですので、
気になる方はこちらから講座をご確認下さい。

▷ブログは「読む」から「見る」時代へ。見られるブログ記事の書き方講座

▶︎メールマガジンの登録はこちら

※登録時に「流行りに左右されずにファンが集まる!WEB集客講座」の動画音声とスライドを無料でプレゼント!!

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)