PROFILE

プロフィール

SERVICES①

提供サービス一覧

SERVICES②

法人のお客様はこちら

COVERAGE

講演・取材依頼

最初に脳内インストールした顧客動線にがんじがらめになっている皆様へ。

個人事業をはじめて3年、独立して2年目。

有難いことに最近は「やばい、スケジュールが埋まりやすくなっている・・・。」と実感していて、

・時間の使い方の効率化
・やるべきことの優先順付け

これをもう少し意識していかないといけない環境になってきました。

ひとりで事業をしていくのは、自由である反面、取捨選択が問われる働き方である


組織に長くいて、誰かの下で働く、会社の意向に沿って働くのではなく、「全部、自分で決めて自分の責任でやりたいんだー!」と思って、独立をしたわけですが、ひとりというのは、全てが自己責任で自由である反面、マンパワーが自分ひとりしかいないので、ビジネス展開の取捨選択がとても問われる働き方だと、最近になって痛感をしています。

最初はとにかく経験をすることが大切だし、実績作りも絶対に必要です。

得られる対価よりも実績を作るために、安価でお仕事を受けるということを経験してきている人も少なくないと思います。

私も実際、自分の知識や経験値を上げるために、裏でひっそりで受けている仕事もあったりします。そして、その仕事のおかげで自分ひとりの力では得られない知識と経験を得られていることも事実です。

でも一方で、ある程度の実績が出来てきたタイミングで、自分のサービス提供に対する単価を上げていく決断も必要です。自分の時間単価を上げていくイメージですね。

そうでないと、とにかくサービス提供に時間が割かれ、自分自身の余暇、サービスのクオリティを上げるための新たなインプットに費やす時間も避けなくなり、結果的に自分のサービスクオリティーが下がるリスクがあるからです。

時間単価を上げる、仕組み化、組織化をしていく。

個人事業でも、一旦事業が安定してきたら、次の展開としてこれらのことに着手していくことは必須なんだろう。

そんなことを最近考えています。

個人事業を展開する上での順番、どう考えていますか?

普段、WEB発信・WEB集客をメインに事業展開をされている女性の方たちと多くお会いをするのですが、そこで感じている最近の違和感。

それは、「最初にインストールした顧客動線を頑なに守ろうとしていないか?」ということです。

誰もが見れるブログやSNSで情報発信をして、キャンペーンを実施してメルマガかLINE@の登録者を増やす。

そこで、登録された皆さんと信頼関係構築をして、フロントセミナーへ。

フロントセミナー終了後に無料相談を付けて、バックエンド商品のご案内をする。

いわゆるインターネットビジネスにおける典型的なマーケティングファネルの流れです。

大事だと思います。このファネル。

個人事業だからこそ、余力があるわけではない。だからこそ、単価がある程度の商品を、必要とする方に提供していくというビジネスモデルは必須と言ってもいいでしょう。

でも、私はこのファネルの流れを踏むこと以上に大事なことがあると思っています。

それは、

・とにかく場数を踏むこと
・お客様のリアルな声・リアルな悩みを聞き、サービスをブラッシュアップできる環境下に自分を置くこと

です。

最初に打ち出す商品は、いくら一生懸命考えて、いくら一生懸命プロモーションをしたとしても、仮のお客様設定をした架空の商品とも言えます。

大事なことは、最初から完璧を目指すのではなく、サービス提供をしながら出会っていくお客様の声を聞き、より良いサービスにブラッシュアップをしていくことです。

その機会を作らずに、最初からファネル通りに事業展開をしても、実態の伴わないビジネスで、いつまで経っても売り上げが上がらないし、お客様が集まる流れを作ることはできないと思うんです。

最初から大きな売り上げを目指すのではなく、売り上げは小さくてもいいから、最初は実績を積むこと。

仮に用意をしているバックエンドの商品が売れなかったとしても、最低限、自分が確保したい売り上げを立てられる土台を作るほうが先決です。

とにかく場数を踏む、とにかくリリースしてみる、とにかくサービス提供をしてみること

よく質問としていただくことがあるのです。

「メルマガ登録者ってどうやって増やしたらいいでしょうか?」

「綾子さん、ステップメールってどうやって作っていますか?」

その度に、わたしはこう回答しています。

「その前にサービスリリースをして、販売をする、サービス提供をする場数を踏んだほうが良いです。メルマガはある程度の顧客基盤が出来てからで十分です。」

と。

数多くのお客様と接して、実際の顧客の悩みや、自分がリリースしている商品に対しての満足度、それから、自分の周りにはどのようなタイプの方が集まって来やすい特性があるのかなど、そのあたりの実態を知らないままメルマガをはじめても、全く意味がない。

形に沿ってビジネスの準備をするのではなくて、とにかくマーケットを知る・マーケットに触れることのほうが重要です。

マーケットを知らないままメルマガをはじめても、登録者はいるけれど、実際には売り上げに繋がらないツールになりかねません。

その結果、誰も望んでいないと思うんです。

ビジネスの答えはお客様が持っています。

今、ただ机上の空論で事業をしていて、実態や実績が伴わないまま売り上げを立てていこうとしているのであれば、その前にお客様に触れましょう。お客様の声をどんどん聞いていきましょう。

最初に習った顧客動線に逆に振り回されていませんか?

その固定概念、今のあなたに必要なものかどうか、改めて見直してみても良いかもしれませんね。

現在モニター募集をしている「売れる商品・売れるプロモーション設計」のお申し込みは本日までとなっています。

自己分析・マーケット分析・競合分析を通じて、売れる商品・売れるポジショニングを作り、サービスリリースをしていくサポートをマンツーマンで行うサポートプログラムとなっています。

詳細とお申し込みはこちらから。

http://ayakomiura01.com/archives/wanted-monitor.html

 ▶︎ご提供中サービスはこちら

▶︎メールマガジンの登録はこちら

※登録時に「流行りに左右されずにファンが集まる!WEB集客講座」の動画音声とスライドを無料でプレゼント!!

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)