PROFILE

プロフィール

SERVICES①

個人向けサービス

SERVICES②

法人向けサービス

COVERAGE

講演・取材依頼

インスタグラムの効果的なハッシュタグの選び方

インスタグラムのビジネス活用について
講座や個別相談・セミナーをしていて良く聞かれるのが、

「ハッシュタグってどうやって使ったら良いのですか?」

という質問です。

現在、インスタグラムでは、

・通常投稿(ギャラリー)
・ストーリーズ

に、ハッシュタグを付けることが
できるようになっていて、

いずれも、
新しいユーザーさんとの接点を
持つためには欠かせない機能の一つです。

ちなみに、
通常投稿(ギャラリー)では、
1投稿につき30個までハッシュタグが付けられます。


じゃあ、

どんなハッシュタグを選んだらいいのか?

というと、

実は答えはシンプルです。

「あなたが出会いたいと思うユーザーさんが検索につかうであろう単語をハッシュタグとして選びましょう」

これが答えです。

今、消費者の行動は変化をしていて、
何か情報を検索したいと思った場合に、

昔であれば、
GoogleやYahoo!などの検索エンジンを使って
情報を検索していたけれど(ググる)、

今は検索エンジンを使うよりも、
ハッシュタグ検索(タグる)をして、
よりリアルな情報を取りたいと思っている
消費者がとても増えています。

だから、
ハッシュタグは、

「検索に使うキーワード」

なのです。

実際にわたしは、

①、自宅トレーニングの動画をインスタで探す場合

いろいろとタグリサーチをした結果、「#宅トレ女子」というタグを使って検索をしています。


※「#筋トレ」「#宅トレ」だと、メンズの筋肉ばりばりの人のトレーニング動画も多くて、検索がしにくいんです。その点、「#宅トレ女子」まで絞ると、女性のトレーナーさんしか動画を上げていないので、検索しやすい。

②、自宅のインテリアをインスタで探す場合

いろいろとタグリサーチをした結果、「#1ldk」というタグを使って検索をしています。


※わたしの自宅が1ldkなので、自分の家だったら?が想像しやすいインテリア、家具配置されているものが載っているので、すごく参考になっています。

こんな感じで、自分の欲しい情報が見つかりやすいタグを探して、そのタグをもとにインスタで情報収集をしています。

これは、決して投稿件数が多いタグだから、
そのハッシュタグで検索をしているのではありません。

自分の欲しい情報が
見つかりやすいタグだから、
そのハッシュタグで情報を取っているのです。

こんな動きを
インスタを活用するユーザーはしています。

そして、もう一つ。

使うハッシュタグを考える前に、
明確にしておきたいことがあります。

それは、

・自分のターゲットユーザー(ペルソナ)を明確にすること
・自分のアカウントの専門性を明確にすること

この2つです。


今のあなたのインスタアカウントは、
誰にどう役に立つアカウントでしょうか?

ハッシュタグを通じて、
自分のアカウントを見つけてもらった後、

「このアカウントをフォローしたい」

と、思ってもらわないと、
次のステップには進めません。

だから、
もしハッシュタグをどれにするか
迷っていらっしゃる方は、

1、誰にどう役に立つアカウントなのか?を明確に言語化する

2、その情報を探しているユーザーが使いそうな検索キーワードを探す

3、2で出てきたハッシュタグを使ってインスタで投稿をしていく

この流れで進めてみましょう。

とにかく重要なのは「1」です!!!

今や3,300人も活用しているインスタだからこそ、
なんとなく発信をしていても埋もれるだけです。

情報の洪水になっているからこそ、
出会いたい人を決める、その人に自分がどう役に立つ人なのかを決める。

ハッシュタグよりも、
こっちを整えるのが先です。

一緒に自分のインスタアカウントの
運営方法を考えて欲しいという方は、

「インスタグラムで仕事を創る個別相談(単発)」へお越しください。

《現在募集中のサービス》

1、インスタグラムで仕事を創る個別相談(単発)

2、個人ビジネスに必要な3つのチカラでビジネスを飛躍させる(マンツーマンサポート/3ヶ月コース・4ヶ月コース)

▶︎メールマガジンの登録はこちら

※登録時に「流行りに左右されずにファンが集まる!WEB集客講座」の動画音声とスライドを無料でプレゼント!!

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)