PROFILE

会社概要

SERVICES①

個人向けサービス

SERVICES②

法人向けサービス

COVERAGE

講演・取材依頼

女性のご褒美買いと大人買いの衝動心理

有難いことに、
読者の方から今回、
このような質問をいただきました。

「女性のご褒美買いと大人買いの衝動心理」

について。

綾子さん、どう思いますか?と
質問をしてくださったので、

私の勝手な考えを
あれこれと今日の書いていきたいと思います。

営業時代に感じた男性と女性の判断基準の違い


昔から人の購買心理を
勝手に分析するのが好きで、

長年のセールス経験により、

男性の購買時の判断基準と、
女性の購買時の判断基準って、
やっぱり違うなと思っています。

具体的にどう違うかと言うと、

女性は「感性」「感情」で選び、
男性は「理性」「ロジック」で選ぶ傾向が強い。

女性は自分がいいと思ったら、良いものなんです。

そこに他者からの評価や実績があってもなくても、
自分の感性がOKと言ったなら、それが正解。

だから、買う。

でも、男性の場合は、
スペックがどうなの?とか、
費用対効果はどうなの?とか、
他からの評価はどうなっているの?とか、

社会的信用や目に見える根拠を
自分の判断基準として大切にしている人が
多いように思います。

なので、
男性に対してのほうが、
売り方の戦略って立てやすい。

女性は感性で買うし、
その時の感情で生きているので、

その時に良いと思っていても、
明日も良いと思うかどうかわからない。

予測が付かないからこそ、
販売の戦略って立てにくい。

敢えて戦略を立てるのであれば、

「感性にどう訴えるか?」

と、言うことと、

「あなたは特別ですよ」

というコミュニケーションを
どうやったら作っていけるか?ということ
なのではないかなと思います。

女性はとにかく「特別扱い」をしてほしい

(※去年、ハーゲンダッツにご招待いただいた時の写真。特別扱いされまくって上機嫌です)

男性は、
誰かの役にたつことで、
自分の存在意義を確認できるけれど、

女性心理において、それはない。

誰かの役にたつことで
存在意義を確認するのではなく、

誰かに大切に扱われた、
特別扱いをされたことで、
存在意義を確認できるのが、

女性という生き物です。

自分の感性に響く、
ビジュアルが素敵な商品に合わせて、
自分を特別扱いしてくださるおもてなし。

これこそが、
女性のご褒美買いと大人買いを誘引する
大きな2つの仕掛けになるのではないでしょうか?

わたしが最近した衝動買いの話し

Free-PhotosによるPixabayからの画像

最近した衝動買いって何だろう?と思い浮かべた時に、
思いついたのが「海外旅行」です。

わたし、来月頭に10年ぶりに海外に行きます。

しかも、ご飯を食べている時に、
ノリで「海外に行かない」という話しになり、
その場でスケジュールが決まったんですが、

なんせ、10年も海外に行っていないので、
チケットの手配や何やら、慣れていないことだらけ。

きっと、その後、
自分で手続きをしないといけなかったのであれば、
スムーズに行くと決めていなかったと思います。

なんですが、
今回ばかりは、

・候補日が勝手に組まれ
・スケジュールに合うフライト日程と金額を調べてくれ
・飛行機と宿泊場所の手配を全部やってもらい

わたしがしたことは、

・旅行代を入金すること
・パスポート情報を伝えること

この2点だけでした。

まさに「特別扱いされている感覚」を、
味わったわけです。

こんな想いをさせてくれてありがとうー!
旅行行くの不安だったけど楽しみです!
に、変わった瞬間でした。

まとめ

女性のご褒美買いと
大人買いの衝動心理を促すために必要なのは、

・感性に訴えかけるビジュアル

・あなたは特別ですよー!!とおもてなしする一連の流れ

この2つではないでしょうか?

ちなみにわたしは、
飲食店に入ったときに、

すごく狭い席に案内をされたり、

他の席も空いているのに、
店員さんの効率のためだけに、
やたら他の人と近い席に案内をされると
不機嫌になります(笑)

そして、二度と来ない・・・と、
心に誓ってお会計を済ませております・・・。

今日の記事が、
何かの参考になれば嬉しいです!

《ご提供中のサービス》

▶︎個人向けサービスはこちら

▶︎法人向けサービスはこちら

▶︎メールマガジンの登録はこちら

※登録時に「流行りに左右されずにファンが集まる!WEB集客講座」の動画音声とスライドを無料でプレゼント!!

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)