PROFILE

プロフィール

SERVICES①

提供サービス一覧

SERVICES②

法人のお客様はこちら

COVERAGE

講演・取材依頼

飛び込み営業での受付突破の極意

私は昔から飛び込み営業が好きじゃない。何故なら、初対面の人は緊張するから。

おはようございます。

営業女子カレッジ主宰の
三浦綾子です。
営業女子にとって、
目標達成のために欠かせない活動が
新規開拓活動。
既存顧客だけだと、
ある意味、守りの営業だからね。
目標達成、
長い目線で売上を安定させるには、
新規顧客を見つける活動は必ず必要。
と、偉そうなことを書いてる私だけど、
ぶっちゃけ新規開拓は好きじゃない。
社交的に見られるけど、
結構人見知りするから、
知らない環境に飛び込むのは
ストレス度合いが高いのです。。
それでも、やらなきゃいけないから、
やりたくない私がどうやって新規開拓の
活動をしているか?
ちょっとしたコツを
今日の記事ではお伝えします。
飛び込み営業は好きになろうと努力することが大事
 
今日の記事のタイトルにも書いている
飛び込み営業について、
正直好きな人っているのかね?
これまた私は好きではありません。
好きでないこと、
得意でないことは、
無理してやる必要はない!
そう思っているけど、
営業という世界で仕事をしていくことを
考えた時、
新規開拓や飛び込み営業って、
切っても切れない仕事なんだよね。
だから、嫌いだとか、苦手だとか、
一時の感情で逃げるんじゃなくて、
好きになろうと努力すること、
楽しくやろうと努力することが
大事なんだと思います。
そうすることで、
新規開拓や飛び込み営業の仕事で
どこか楽しめる要素って
見つけられるはず。
こんな風に、
新規開拓と飛び込み営業に
関わってきた私が行き着いた、
飛び込み営業で、
受付を突破して担当者に会える極意!
人は想定外の質問に弱い!その心理をうまく活用したらいい!
 
それは、
相手の想定外のネタで
飛び込みすること!!
受付の人って、
飛び込み営業の対応に慣れてるから、
機械のように断る言葉を沢山持ってる。
「あいにく担当者は不在です」
「本社が決裁してますので、
   こちらに担当者はおりません」
「間に合っておりますので結構です」
私の前職、
人材派遣の飛び込み営業の時も
何度この言葉を言われたかわかりません。
しかも、
結構名の知れた会社だったから、
名前聞いたら、
「あ!派遣のセールスね!」
って、連想されて、
ありきたりな断り文句で、
よーーーく!断られてました。
で、ある日、思ったわけ。
「相手が想定してないネタで
   飛び込みしてみよう!」と。
想定されるネタで訪問するから、
ルール通りの回答で断られる。
だったら受付の人の
ルール集にないネタで行けばいい!!
当時私が勤めていた会社は、
派遣事業以外にも幅広くサービス展開
していたので、
私は飛び込みの時に、
派遣のセールスをするのをやめました。
障害者採用に関するネタで
飛び込みしてみたり、
採用代行の提案だったり、
社員研修の提案だったり、
相手の意表をついたネタを使って
どう受付を突破するかを考えて
飛び込み営業をしてました。
もちろん100%ってことはないけど、
ありきたりのネタで行くより、
受付という壁を突破して
担当者が出てきてくれる確率は
高かった。
やりすぎて、
あやうくクレームになりそうなことも
あったけど!笑
次のアプローチに繋がる流れは
作りやすかったなぁ。
相手が受け答え出来るルール内の
ネタで飛び込みするから断られる!
「あれ?これは、
   私で断ったらまずいかも?」
そう思わせるネタを使ってみること。
そしたら、
意外にすんなりと
受付のお姉さんの壁は
突破出来ると思いますよ。
是非、頭ぐるぐるして、
相手の想定外のネタを考えてみて
くださいね!

 *****

7月12日(日)に、
理想のロールモデルに出会えちゃう勉強会を開催します♩

 

詳しい案内はこちらを確認してくださいねー!

 

*****
最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 ▶︎ご提供中サービスはこちら

▶︎メールマガジンの登録はこちら

※登録時に「流行りに左右されずにファンが集まる!WEB集客講座」の動画音声とスライドを無料でプレゼント!!

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)